このページではFXの基本的な部分を、初心者の方に分かりやすくご説明します。

FXってなーに?

FXとは「margin Foreign Exchange trading」の略で「外国為替証拠金取引」を意味します。 外国為替(外国為替取引)というのは、日本円と米ドルなど、異なった2つの通貨の一方を買い、もう片方を売る取引のことです。
為替取引は元々、一部の金融機関のみに認められていましたが、外為法が改正され、1998年4月の外為法改正により、一般企業や個人も為替取引が可能になったのが日本国内におけるFXの始まりと言われています。

FXの仕組み

FXでは世界中の通貨で為替取引を行い、為替通貨の差額が利益や損失となります。
買ったときは高く売る、売ったときは安く買い戻すこの二つのうちどちらかに成功すると、その価格差が利益となります。
例えば、ドルが安いときにドルを買って、ドルが高くなってから売ればその差が儲けになります。

FXをするために必要な物

FXをするために必要なのは口座開設をする時の「本人確認書類(健康保険証や運転免許証など)」「マイナンバー確認書類」だけです。 なので、主婦の方や20歳以上の学生でも比較的始めやすくなっています。 ※FXの年齢制限は「20歳以上~75歳以下」になります。

FXは少額から始められる!

FXを行うためにはある程度の資金が必要だと思っていませんか? FXにはFX会社毎に最低取引単位というものがあり、これまでは1万通貨単位(1ドル=100円の場合、ドルを1万通貨買う場合100万円必要)が一般的でした。
しかし最近では1000通貨単位や100通貨単位など、少額でも始められるFX会社が増えており、手持ちの資金があまりないという人でもFXを始めることが簡単になりました。

また、FXでは手元の資金を「証拠金」として扱い、元の資金の最大25倍までの取引が可能となる「レバレッジ」という仕組みがあるので、仮に1ドルを100円で1000通貨単位を買うのに10万円必要だったとしても、レバレッジを10倍かける事で1万円の「証拠金」があれば10万円分購入する事が可能です!
最低取引単位の引き下げや、レバレッジ等の仕組みがある為、FXを始めるのは比較的少額からでもする事が可能と言えます。

覚えておこう!FXの手数料(スプレッド)について

現在、FXを取り扱っている会社は多くありますが、基本的にFXの取引にはほとんど手数料がかかりません。 じゃあFX会社はどうやって儲けてるの?と思われると思いますが、FXにはスプレッドという、外貨を売買する時にかかる金額があり、そのスプレッドが実質の手数料となります。
スプレッドはFX会社によってばらつきがあったり取り扱い通貨によっても変わりますが、スプレッドの低いFX会社を選ぶことが利益を出すための基本的なポイント!
デイトレードなどの売買回数の多い取引にはスプレッド差による額の違いが結構出てくるので、初心者の方はスプレッドの低いFX会社を選びましょう!

これからFXを始める人にピッタリのオススメFX会社3選!
他社にはない使いやすさを追求し、初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン 初心者でもシンプルで分かりやすい取引システム!画面の操作に迷わず取引に集中できる 豊富な情報コンテンツ、初心者からも分かりやすいと評判の無料セミナーあり
米ドル/円
1銭
通貨ペア数
24
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
口座開設数55万件以上で国内第1位の実績! 初心者からも好評のスマホでもPCでもらくらく取引の人気取引ツール! 安心の24時間サポート対応!電話・メールに加え、LINEでも問い合わせ可能!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応

現役トレーダー達に選ばれているFX会社ランキング

各FX会社の性能・サービス特集

通貨特集

トレードスタイル別攻略法

注文方法

ページトップへ