このページでは、FXを行う上での「リスク」や取引を行う上での「トレードスタイル」「通貨ペア」等について詳しくご説明します。

FXのリスクは事前に知っていれば怖くない!

FX取引をする事で資産が増える事もあれば、逆に資産が減る事もあります。
FXでは特にこの資産が減る事について、しっかりとリスクがあるという認識を持って行う事が大変重要!なぜなら予めリスクがあると知っていればそれだけ慎重に取引が行えるからです。
ではどの様なリスクがあるのか詳しく見ていきましょう。

FXで資産が増える・減る仕組み

FXは2つの通貨の売り買いを行います。例えば、1ドルを100円の時に買い、1ドルが110円に上がったタイミングで売ると、110円が手に入り、10円の利益が出ます。
逆に、1ドルが90円に下がったタイミングで売ると、90円が手に入り、10円の損失になります。
1ドル(1通貨)の取引だと10円のマイナスで済みますが、もしそれが1000通貨単位であれば、1000ドル(10万円)から1万円のマイナスになります。
この時、もし仮に1万円の資金(証拠金)に10倍のレバレッジをかけて10万円の取引を行っていたすれば、1万円の損失が出た時点で、元の資金(証拠金)が無くなってしまう事になります。
この様に一気に証拠金が無くなってしまわないようにするために、FXにはマージンコールとロスカットという仕組みがあります。

資金が無くなるのを防いでくれる!マージンコールとロスカットについて

初めに入れた資金は「証拠金」として扱われ、損失が出た場合その証拠金から損失が引かれていきますが、その証拠金が減ってきた事を知らせてくれるのがマージンコールです。
マージンコールのタイミングはFX会社によって異なりますが、証拠金維持率が50%を切ったタイミングで知らせてくれるなど、元の証拠金の維持率で設定されています。

マージンコール後にそのまま損失が拡大し続けた場合、強制的に決済させられることをロスカットと言います。
ロスカットは強制決済になるため、その時点で損失が確定されてしまいますが、基本的に証拠金を下回る事はほぼありません。
※稀に急激な為替レートの変動により、ロスカットされる証拠金維持率を下回って決済が行われる事があります。その場合は設定されている証拠金維持率を下回る事があります。

リスクのポイントまとめ

  • ・FXでは資産が減る(無くなる)リスクがある
  • ・レバレッジをかけると少ない元手で最大25倍の取引が可能になるが、その分リスクも高くなる。
    ※儲けた時はリターンも多い
  • ・無理なく取引できる通貨単位を選ぶ事が重要(初心者は取引通貨単位が低いFX会社を選ぼう!)
    ※最低取引通貨単位が1万通貨のFX会社で、証拠金が4万円しかない場合、必然的にレバレッジを25倍かけないとならなくなる
  • ・マージンコールとロスカットにより損失拡大は防ぐことができる。
初心者におすすめのトレードスタイル

FXのリスクについてある程度学んだところで、次はトレードスタイルを決めていきます。 トレードスタイルというのは、簡単に言うとFXの取引を「どの様な間隔で行うか」です。トレードスタイルは大きく分けて4つに分類できます。

スタイル 取引方法 特徴
スキャルピング 数秒~数分 短期間で何度も売り買いを行い、次の日まで通貨を持ち越さない
デイトレード 数分~数時間 1日の間に何度も売り買いを行い、次の日まで通貨を持ち越さない
スイングトレード 数日~数週間 数日間ポジションを持ち、売り買いのタイミングが難しい
中長期ポジション 数週間~数年 中長期ポジションを持ち、為替差益だけでなくスワップ金利での利益を狙う

FX初心者の方は、取引方法に慣れるまでは1時間に複数回取引を行うデイトレードがおすすめ。
短期間で取引を多く行うスキャルピングや、1日~数週間・数ヵ月あけるスイングトレード・中長期ポジションなどは、FX取引についてある程度知識が付いた段階でそれぞれのトレード方法を学んで行くと効果的です。
初心者の方はまず最初に、1日の内どの程度FXに時間を作る事が出来るかを考えてみてください。 サラリーマンの方だったら、夜、帰宅して寝るまでの時間だったり、主婦の方だと、お昼以降がいいなど、様々だと思います。 余裕のある時間帯に無理なくFX取引を行い、FXに慣れていきましょう。

スワップポイントで利益を得る方法もあり!

FXでは為替差益以外で利益を得る方法があります。それがスワップポイントと呼ばれるもので、2国間の金利差から得られる利益です。

初心者におすすめの通貨ペア

FXでは取引を行う上で、どの通貨とどの通貨の売買を行うのか予め決めておく必要があり、それら売買する2国の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と言います。
通貨ペアは、FX会社によって取り扱いに違いがあったり、売買時のスプレッド(手数料)にも違いがあるため、予めどの通貨ペアでFXを行うのか決めておくことが重要。
初心者におすすめな通貨ペアはやはり、日本人に一番馴染みのある「米ドル/円」です。
「米ドル/円」は取引量が多いだけでなく、値動きの変動も他の通貨と比べてそれほど激しくないため、大きな損失が出にくいのが特徴です。
また、他の通貨と比べてスプレッド幅が狭い(手数料が安い)、どのFX会社でも取り扱いがある事もおすすめ理由として挙げられます。
逆に値動きの激しい通貨や、スプレッドが高い通貨は初心者には難しいので、最初のうちは避けましょう!

これからFXを始める人にピッタリのオススメFX会社3選!
他社にはない使いやすさを追求し、初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン 初心者でもシンプルで分かりやすい取引システム!画面の操作に迷わず取引に集中できる 豊富な情報コンテンツ、初心者からも分かりやすいと評判の無料セミナーあり
米ドル/円
1銭
通貨ペア数
24
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
口座開設数55万件以上で国内第1位の実績! 初心者からも好評のスマホでもPCでもらくらく取引の人気取引ツール! 安心の24時間サポート対応!電話・メールに加え、LINEでも問い合わせ可能!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応

現役トレーダー達に選ばれているFX会社ランキング

各FX会社の性能・サービス特集

通貨特集

トレードスタイル別攻略法

注文方法

ページトップへ