各通貨ペアごとに最もスプレッドが狭いFX会社をまとめました!

米ドルで最もスプレッドが狭いFX会社

アメリカドル(米ドル)は、世界経済で最も有名で、利用されている世界の基軸通貨としての地位を確立しており、日本からみても、なじみの深い通貨です。
GDP1位を誇るアメリカの経済状況により、世界経済が左右される傾向が強く、他の通貨にも影響を与えます。
流通量が多く、値動きを予測するための判断材料も豊富なので、円と米ドルの取引は初心者にも扱いやすいといった特徴があります。

DMM FX

業界最狭水準スプレッドは米ドル/円0.3銭!他社よりコストを抑えられる!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 口座開設数55万件以上で国内第1位の実績!
  • 初心者からも好評のスマホでもPCでもらくらく取引の人気取引ツール!
  • 安心の24時間サポート対応!電話・メールに加え、LINEでも問い合わせ可能!
豪ドルで最もスプレッドが狭いFX会社

オーストラリアは鉱物資源が豊富で、特に金は世界第3位の産出量を誇る資源大国です。
金や鉄鉱石などの鉱物資源や原油などの輸出で収入を得ており、農作物は、ほぼ自給ですので、自国の経済が安定しています。
豪ドルは、高金利政策が行なっていることが大きな特徴です。理由としては、経済を高金利に保つことで海外からの資本の流入を促進している事があげられます。
注意しなければならないのは、金の価格に相関性をもっているので、米ドルやユーロに比べると、変動幅は大きいので、注視しておく必要があると言えます。 世界の通貨流通量は非常に多い訳ではありませんが、高金利通貨・安定した政治・経済状況であるため、スワップポイントを狙った、多くの日本人投資家に人気があります。

FXブロードネット

話題のトラッキングトレードで自動売買!忙しい人でもコツコツ稼げる!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
24
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 全通貨ペアスプレッドは業界最狭水準!コストを徹底的に抑えられる
  • 初めてでも安心!1,000通貨単位(約4,000円)から取引可能
  • 簡単申し込み、取引スタートまで最短3営業日!
ユーロで最もスプレッドが狭いFX会社

ユーロはヨーロッパの統一通貨と言われ、欧州連合に加盟している国、現在では27ヶ国のうち主要国15ヶ国が採用していますが、北欧諸国や、イギリスでは採用していません。
1999年1月1日より、11ヶ国が参加して取引が始まり、加盟国増加により、徐々に流通範囲を広げ、今や、米ドルに次ぐ基軸通貨となっており、国際的信用度の高い通貨です。
トレードの傾向は、ドルが売られると、ユーロが買われるという関係が強いことにより、アメリカ経済がユーロ相場に与える特徴があります。
ユーロ圏内の経済指標で見るべきところは、ドイツ、フランスですが、とりわけドイツ経済の影響を色濃く受けるので、ドイツ経済の景気や動向注視が必要です。

英ポンドで最もスプレッドが狭いFX会社

かつての基軸通貨であったポンドですが、今ではドル、ユーロの台頭により、国際的な地位は低下しています。
しかしながら、世界的な取引量は、ドル、ユーロ、円に次ぐ位置につけており、そして流動性の高い特徴があり、世界の投資家からは目の離せない通貨です。
値動きが大きい特性から、長期的なポジションをたてると、リスクが大きくなるので、スワップポイントを狙った投資には向いておらず、スキャルビングや、デイトレード向きといえ、ハイリターンを好む投資家に非常に根強い人気があります。
ポンド/円相場はドル/円相場との連動性が強い特徴があり、イギリスの経済指標の発表など、イギリス独自の材料で相場が変わる事も多いため、初心者よりも、中上級者向きの通貨といえるでしょう。

DMM FX

業界最狭水準スプレッドは米ドル/円0.3銭!他社よりコストを抑えられる!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 口座開設数55万件以上で国内第1位の実績!
  • 初心者からも好評のスマホでもPCでもらくらく取引の人気取引ツール!
  • 安心の24時間サポート対応!電話・メールに加え、LINEでも問い合わせ可能!
南アランドで最もスプレッドが狭いFX会社

南アフリカ共和国は、金、ダイヤモンド、プラチナ、希少な金属であるレアメタル(バナジウム)の産出が、世界トップクラスの鉱物資源に恵まれた資源大国であり、2010年ワールドカップが行われたのが記憶に新しく、国内の景気、豊富な資源などで、世界の注目を浴びている、成長著しい新興国であります。
南アフリカランドの特徴は何といっても、高い金利が魅力です。
ですが、他の通貨と比べて、値動きが突拍子なく動くといった傾向があります。
積極的な取引よりも、分散投資の一環として、他の通貨を持ちながら、複利、すなわち、短期・中期のスワップポイント狙いで運用するのがよいでしょう。

SBI FXトレード

最低取引単位がなんと1通貨単位!約4円から取引可能!
米ドル/円
0.27銭
通貨ペア数
26
取引単位
1
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
×
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 外貨で効率的にリスクを抑えた資産運用サービスが初心者に好評!
  • 取引手数料をはじめとした各種手数料が0円!コストを抑えた取引が可能
  • 確かな実績!安心と信頼のSBIグループ
トリコリラで最もスプレッドが狭いFX会社

ヨーロッパとアジアに交わるところに位置するトルコは、多種類の鉱物資源(主に、ボロン、ボーキサイト、銅、鉛)を有しており、EU圏や日本が輸出入の主要国となっています。
トルコ経済はEU圏との結びつきが強いため、EU圏の景況感に左右される要素を持っています。
トルコリラは南アフリカランド同様に、高政策金利を維持し続けていましたが、2008年のサブプライムローン問題のあおりを受け、2007年度には、17.50%をつけていた金利が、その後、利下げが続き、現在では、5.75%まで下がってしまいました。 とはいえ、高いスワップポイントが魅力で、分散投資で複利を狙う投資家からは根強い人気を誇っています。

ヒロセ通商(LION FX)

オリコン日本顧客満足度ランキング、3年連続No.1を獲得!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
50
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 世界最速水準の約定スピード最速0.001秒!スリップぺージが圧倒的に発生しにくい
  • 通貨ペアで選ぶならココ!50種類の通貨ペアがあり、マイナーなものも見つかる!
  • 業界最狭水準のスプレッドで安心の低コスト!
NZドルで最もスプレッドが狭いFX会社

ニュージーランドは、資源国通貨である、オーストラリアドルや南アフリカランドとは異なり、農業資源国家であり、国際貿易への依存度が高い国家であります。輸出では、羊の輸出が世界最大級であることが知られています。
国際貿易の輸出入はオーストラリアが20%程占めており、両国の経済的結びつきが強いことで、オ-ストラリアドル(豪ドル)との関連性が非常に高いという特徴があげられます。
ニュージーランドドルは、世界的な通貨流通量は少なく、大きな値動きをする傾向があるので注意が必要ですが、高金利通貨であるのは間違いなく、国内の政治・経済が安定しており、高い政策金利を続けていますので、日本はもとより世界の投資家からの人気があります。

DMM FX

業界最狭水準スプレッドは米ドル/円0.3銭!他社よりコストを抑えられる!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 口座開設数55万件以上で国内第1位の実績!
  • 初心者からも好評のスマホでもPCでもらくらく取引の人気取引ツール!
  • 安心の24時間サポート対応!電話・メールに加え、LINEでも問い合わせ可能!
カナダドルで最もスプレッドが狭いFX会社

カナダは石油埋蔵量は世界有数の資源国国家です。アメリカ経済と親密で深い関係を持ち、経済状況も貿易収支、経済収支も黒字で、発行国債は最高ランクの評価を受けています。
アメリカ経済との関係が深いため、アメリカ経済に左右されやすいということがあり、大きく乱高下をしないが、原油価格の下落にも影響を受けやすいので注意です。
アメリカ合衆国との関連性から、情報が豊富なので、他の資源国通貨よりも、比較的扱いやすい通貨といえるでしょう。

現役トレーダー達に選ばれているFX会社ランキング

各FX会社の性能・サービス特集

通貨特集

トレードスタイル別攻略法

注文方法

ページトップへ