FXを始めたい人が良く最初にする事が、FXと外貨貯金を比べる事です。FXは「外国為替証拠金取引」の略語のため、一見外貨貯金と似ていますが、実は全くの別物。このページではそんなFXと外貨貯金の違いについてご紹介します。

現役FXトレーダーに人気のFX会社はこちら!
5,000円以下で始められるFX! スプレッド業界最狭水準!即日口座開設、取引開始可能 人気の高金利通貨も業界最高水準のスワップポイント
米ドル/円
0.2原則固定
通貨ペア数
20
取引単位
10,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
FXと外貨貯金の違い

まずFXと外貨貯金の違いを把握しましょう。それぞれの違いが分かりやすいように表にしました。

外貨預金 FX(外為取引)
扱金融機関 銀行 証券会社・FX会社
売買方法 買いのみ 売り・買い両方出来る
取引時間 銀行の営業時間内 24時間(土日を除く)
為替手数料(米ドル/円) 1円以上 0.3~1銭
必要な資金 ※100万円の取引を行うために必要な資金 100万円 4万円~100万円 ※レバレッジ25倍まで可能
利益機会 円安時のみ 円高・円安どちらも可能
金利の受取 基本的には満期時または解約時 スワップ金利として毎日受取可能
取り扱い通貨 基本はメジャー通貨(外貨/円) 数十種類
リスク 為替変動、金利 為替変動、レバレッジ
リスク管理 リスクのコントロールが難しい 多彩な注文方法でコントロール可能
資金の安全性 預金保護制度の対象外 全額または一部信託保全が義務付け

表の中で特に違うポイントは以下の点になります。

  • ・1度の取引にかかる手数料がFXの方が安い
  • ・初期に必要な資金がFXの方が安い
  • ・資金の安全性についてもFXの方が信託保全があるため安心

同じ外貨を使った取引ですが、細かく項目を見るとFXの方が少しお得に見えます。
FXの特徴としては元手を「証拠金」として預け、レバレッジをかけて何倍の取引を行えることが魅力の一つですが、レバレッジをかけないことで「外貨貯金」と同じく低リスクで運用可能。
しかも「外貨貯金」よりも取引手数料が少なく、資金の安全性についても「外貨貯金」よりも高く運用する事ができます。
FXだと自分で運用しないとならない大変さはありますが、上手く運用すれば「外貨貯金」以上の利益を得る事が可能です。

現役FXトレーダーに人気のFX会社はこちら!
<!--①-->GMOクリック証券FX

GMOクリック証券FX

取引通貨ペア数
20種類
スプレッド
(米ドル/円)
0.2原則固定
取引単位
10,000
  • サポートが充実してるため、初めての方も開始しやすい。FX取引高世界第一位!※1
  • スプレッド業界最狭水準!即日口座開設、取引開始可能
  • ※各通貨ペアのスプレッドは、原則固定ですが例外があります。
  • ※LINE FX https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList
  • ※1 GMOクリック証券FX FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月)

現役トレーダー達に選ばれているFX会社ランキング

各FX会社の性能・サービス特集

通貨特集

トレードスタイル別攻略法

注文方法

ページトップへ