FXをする時に無くてはならい注文方法の一つに逆指値注文があります。 逆指値注文とは、そのまま指値注文に「逆」が付いた注文方法になりますが、正直あまりよくわからない人も多いのではないでしょうか。 このページではそんな逆指値注文の特徴や利用方法、逆指値注文が使えるおすすめのFX会社をご詳しくご紹介します。

逆指値注文なら利益確定と損失被害を抑えられる!

まず最初に逆指値注文の基本的な部分をご説明していきます。 逆指値注文を分かりやすくするために、指値注文も一緒に説明していきます。 逆指値注文は別名「ストップ注文」と呼ばれ、今の為替レートよりも悪くなった時「これ以上の損失が出ないようにストップさせる」といった時に使用します。 これを踏まえた上で下の図を見ていただくと「指値注文」「逆指値注文」がどういった注文方法であるか、簡単にお分かりいただけると思います。

買い・売りのどちらの注文時についても、有利なレートで注文を行う事を「指値注文」と言い、不利なレートで注文を行う事を「逆指値注文」と言います。 よくある利用例としては売り注文をしようと思っている時に「現在のレートで少し利益が出てるけどもう少し上がるか様子を見たいな…でも急激に下がったらいやだな…」と言った時に、 「これだけ落ちたら売る」というラインを決めて逆指値を入れるという使われ方があります。 ※この金額まで上がったら売る「指値」と、この金額まで下がったら売る「逆指値」を両方設定することも出来ますが、これはOCO(オーシーオー)注文と呼ばれています。

逆指値注文の活用法

逆指値注文は上手く使えばとても便利な注文方法です。具体的に以下の様な事ができます。

  • ●利益確定売りができる
    例えば、120円でドルを買い、しばらくたってから125円になったタイミングで、123円に逆指値注文を入れておけば、確実に3円の利益が確定します。
  • ●損失を一定額にとどめられる(冷静に損切りができる)
    初心者は売買のタイミングを躊躇してしまい、損切りのタイミングを逃してしまう事がよくありますが、予めこの値段で売るというラインを決めて「逆指値注文」をしておけば、その時の感情に左右されずに損切りすることができます。
注文方法が豊富なFX会社を利用してトレードの選択肢を広げよう!

逆指値注文は指値注文と同様のとても一般的な注文方法の為、ほとんどどのFX会社でも利用する事が可能です。 FXではケースに応じて最適な注文方法が異なるため。注文方法の多いFX会社を選んでおけばトレードの選択肢が広がるのでオススメです。

FX会社 逆指値注文 IFD・OCO・IFO注文 トレール注文 注文方法数
外為オンライン 12
YJFX 14
ヒロセ通商 22
DMM FX × 8
GMOクリック証券 × 7
FXブロードネット × 8

指値・逆指値・IFD・OCO・IFO等の一般的な注文方法はほとんどどのFX会社でも取り扱いがありますが、トレール注文という大変便利な注文ができる、 「外貨オンライン」「YJFX!」「ヒロセ通商」がとてもおすすめです。
▶トレール注文についてもっと詳しく知りたい方はこちら

外為オンライン

簡単な設定で、最適な取引条件を自動計算してくれる「iサイクル注文」が魅力!
米ドル/円
1銭
通貨ペア数
24
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 他社にはない使いやすさを追求し、初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン
  • 初心者でもシンプルで分かりやすい取引システム!画面の操作に迷わず取引に集中できる
  • 豊富な情報コンテンツ、初心者からも分かりやすいと評判の無料セミナーあり

ヒロセ通商(LION FX)

オリコン日本顧客満足度ランキング、3年連続No.1を獲得!
米ドル/円
0.3銭
通貨ペア数
50
取引単位
1,000
手数料
無料
スマホ対応
デモトレ対応
  • MT4対応
  • デモトレード対応
  • スワップ金利が高い
  • デイトレード向け
  • スプレッドが狭い
  • 初心者向け
  • 世界最速水準の約定スピード最速0.001秒!スリップぺージが圧倒的に発生しにくい
  • 通貨ペアで選ぶならココ!50種類の通貨ペアがあり、マイナーなものも見つかる!
  • 業界最狭水準のスプレッドで安心の低コスト!

現役トレーダー達に選ばれているFX会社ランキング

各FX会社の性能・サービス特集

通貨特集

トレードスタイル別攻略法

注文方法

ページトップへ