FXで成功するための必須条件!成功者の共通点とは?

FXで成功できる割合は?

FXで勝てる人、ここでは勝ち続けることができる人という意味でお話しします。 FXで勝つ人は全体の1割以下であるとも言われます。なぜかというとFXはお金の奪いあいだからです。 世界の誰かが儲かれば誰かが損をしているのです。 資金が膨大なファンドは情報の速さも違いますし圧倒的に有利な立場にあります。 個人投資家はそのファンド勢に勝たなければならないのです。

個人投資家がFXで成功するには?

「ファンドになんか勝てない…」

FX初心者が闇雲にトレードしても勝てるはずがありませんよね。 ではどうするのか? その答えは「検証」と「リスク管理」のふたつです。 「はぁ?」と思わないでください。 これができなくては成功できません。勝てる手法探しが大切なのではありませんよ。

数多くのFXにおける成功者を見ていますが、「検証」をショートカットした人も、「リスク管理」をおざなりにした人も見たことがありません。 成功するための必須条件であり、成功者の共通点と言ってもよいでしょう。 逆にどちらか一方でも欠けている人は勝てない人です。

なぜ検証が必要なのか?

これだと思うトレード手法に出会えても自分の手で検証しなければ勝てないのです。 相場というのは気まぐれで、途中で連敗する時が必ずやってきます。 人が「勝てる」と言っただけの手法は途中で信じられなくなり、その手法はお蔵入りとなってしまいます。 しかし自分の手でしっかりと検証した手法は「負ける時もあるが想定内」と思うことができ、その手法を継続することができます。

しっかりと検証することで、勝率やリスクリワード比などがわかってきます。 微調整をしながら自分だけの勝てる手法が完成します。 これは手を動かして検証した人にしかわかりません。

検証にはエクセルを使うと便利ですよ。

資金のリスク管理はどうすれば?

資金のリスク管理は、トレードの際に必ず行います。FXはスキャルピングのような勝率で勝つ方法もありますが、利幅で勝つ方法をおすすめしています。

利幅で勝つ方法の例

  • 資金100万円
  • リスク1%(1トレードあたり最大1万円の損)
  • トレード1 ストップまで30銭 ポジション量33000通貨  結果ストップロス
  • トレード2 ストップまで20銭 ポジション量50000通貨  結果ストップロス
  • トレード3 ストップまで10銭 ポジション量100000通貨  結果70銭の利益確定

上の3トレードの結果、勝率は33%と良くはないですが資金はいくらになったでしょう?答えは資金100万円が105万円となりました。 リスクを1%しかとっていないうえ、勝率も悪いのに5%増となりました。 利幅で勝ちにいくトレードは上記トレード3のようなチャンスを虎視眈々と狙うのです。

とれるリスクを%で決めて、ストップまでの幅をおおよそ出してからポジション量を計算します。 トレード1なら100万円×0.01(1%)=1万円、1万円÷0.30円(30銭)≒33333と計算します。

わたしの成功例と失敗例

わたしが以前勝てなかったのは「検証」も「資金のリスク管理」も両方できていなかったからです。 もう勝てない…と悲観した時に勝てているトレーダーからこのふたつを薦められたのです。

成功例は、上に書いたとおりのトレードができるようになったことです。

失敗例は、ハイレバレッジをかけてストップもおかずに博打のようなトレードを平気でやっていたことです。 100万単位で負けたこともあります。負けるのが普通になっていた頃です。

負けたことがあるからこそ、FX初心者の方やFX未経験の方には同じ経験をしてほしくありません。ぜひ、これをしくじり先生のように反面教師としてください。

FXはしっかり「検証」「資金のリスク管理」をおこなうことで怖いものではなくなります。 勝てるという自信がついてから、あなたのお金でトレードをおこなってください。相場は逃げませんからチャンスはこの先いくらでもあります。

ページトップへ